2022-07-03 17:04スポーツ

前田がハーフ女子制す=自己記録更新で快勝―函館マラソン

 函館マラソンは3日、北海道函館市の千代台公園陸上競技場発着のコースで行われ、ハーフマラソンの女子は東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が大会新記録の1時間8分28秒で優勝した。松下菜摘(同)が2分16秒差の2位に入った。
 前田は五輪以来のレースとなった5月の仙台国際ハーフマラソンを自己記録タイ(1時間9分8秒)で制し、そのタイムをさらに40秒縮めた。
 男子はポール・クイラ(JR東日本)が1時間2分17秒で優勝。定方駿(マツダ)が1時間2分46秒で2位だった。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集