2022-07-01 19:34スポーツ

永井秀昭、来年2月で引退=38歳、北京五輪団体銅メダル―ノルディックスキー複合

 北京冬季五輪のノルディックスキー複合団体で銅メダルを獲得した永井秀昭(38)=岐阜日野自動車=が1日、岐阜県大垣市内で記者会見し、競技の第一線を退き、来年2月の冬季国体スキー競技会を最後に現役引退すると表明した。「精いっぱい頑張った。競技生活に悔いは全くない」とすがすがしい表情で語った。同国体は出身地の岩手県八幡平市で開催される。
 最も印象に残る思い出は今年2月の北京五輪。「(自身)最後の五輪として臨み、メダルを取れた。諦めずに競技を続けてよかったと思えた」。今後は後進の育成に努めるといい、「世界で活躍できる選手を育てていきたい」と話した。
 永井は岩手・盛岡南高から早大を経て岐阜日野自動車に所属。五輪には3大会連続で出場し、複合の団体で2014年ソチ五輪は5位、18年平昌五輪は4位だった。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集