2022-07-01 17:01社会

サミット対策課が発足=指令塔役、46人態勢―広島県警

 来年5月に広島市で開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)に向け、広島県警は1日、警備部内に「サミット対策課」を発足させた。46人態勢で、指令塔役として警備計画の策定や関係機関との連絡調整などに当たる。
 県警の森内彰本部長は発足式で「感染症への対応や、昨今の不安定な国際情勢を踏まえると、警備情勢は厳しくなることが予想される」と強調。その上で「関係機関と緊密に連携することで、官民一体となったテロ対策を推進してほしい」と訓示した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集