2022-07-01 19:09社会

40度台続出、記録的猛暑=群馬と埼玉、山梨、岐阜で―熱中症防止を・気象庁

 日本列島は1日も東北地方南部から九州の大半が太平洋高気圧に覆われて晴れ、記録的な暑さが続いた。気象庁によると、群馬県桐生市で40.4度を観測し、今年の全国最高気温を更新。同県伊勢崎市で40.3度、山梨県甲州市(勝沼)で40.2度、埼玉県鳩山町で40.1度、同県熊谷市と岐阜県多治見市で40.0度を観測した。
 伊勢崎市は6月25日に40.2度(6月の全国史上最高気温)、29日に40.0度を観測しており、今年40度台になったのは3日目。桐生市や伊勢崎市など、地点ごとの7月の最高記録を更新する所が相次いだ。栃木県佐野市は39.9度、愛知県豊田市は39.8度だった。桐生市の観測点は一時通信障害が起きたが、復旧した。
 東京都心(千代田区)は37.0度を観測し、35度以上の猛暑日が7日連続となった。2日も続き、2015年の8日連続の最長記録に並ぶ可能性がある。最高40度と予想された名古屋市は38.4度で、5日連続の猛暑日になった。大阪市も38.4度を観測。全国で猛暑日になったのは今年最多の235地点で、全観測点の4分の1を占めた。
 2日は台風4号の影響で九州南部などで雨が降る見通しだが、最高気温は前橋市や熊谷市、京都市などで38度と予想され、関東甲信から九州北部の多くの府県に熱中症警戒アラートが発表された。同庁は冷房を使うなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集