2022-06-30 22:15World eye

ライダー杯、新リーグ組は含まれず 米選抜主将が示唆

【ワシントンAFP=時事】来年予定されている米国選抜と欧州選抜による男子ゴルフの対抗戦、第44回ライダーカップで米国の主将を務めるザック・ジョンソンは28日、サウジアラビアが後援する新リーグ、リブゴルフ・インビテーショナルシリーズに参戦する選手はメンバーに含まれないことを明確に示唆した。≪写真は男子ゴルフのザック・ジョンソン。資料写真≫
 米国ツアーのジョンディア・クラシックの開幕を翌日に控え、リブゴルフ参戦選手に科された無期限の資格停止処分が、ライダーカップでの自身のチーム編成にどう影響するか問われたジョンソンは「ライダーカップのチームでプレーするには、トップ6か主将推薦かに関係なく、全米プロゴルフ協会を通してライダーカップポイントをためなければならない」とコメント。
 その上で、「全米プロゴルフ協会を通してライダーカップポイントを獲得するためには、協会の会員になる必要がある。われわれが協会の会員になる方法はPGAツアーを通じてだ」と指摘し、「そこから考えてほしい」と述べた。
 昨年のライダーカップでは、リブゴルフと契約したダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカ、ブライソン・デシャンボーらを擁した米国選抜が、欧州選抜に19-9と大差をつけて優勝した。
 一方、同大会に出場した欧州選抜ではイングランド勢のリー・ウェストウッドとイアン・ポールター、ベルン・ウィースバーガー(オーストリア)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)の4人が、30日から米オレゴン州でシリーズ第2戦が行われるリブゴルフに参戦している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集