2022-06-30 22:07World eye

セレーナ撃破の仏選手、複棄権で相方「腹立たしい」 ウィンブルドン

【ロンドンAFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権の女子シングルス1回戦でセレーナ・ウィリアムス(米国)を撃破したアルモニー・タン(フランス)が、29日に予定されていたダブルスの試合を棄権した。この判断に対してパートナーは「悲しくて残念で腹立たしい」と憤りを示している。≪写真はテニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス1回戦。勝利を喜ぶアルモニー・タン≫
 28日にセレーナを破ったタンは、タマラ・コルパッチ(ドイツ)とのペアで女子ダブルス1回戦に臨む予定だったが、大腿(だいたい)部のけがを理由に棄権した。
 これに対し、コルパッチはインスタグラムで「彼女からけさになってメッセージが送られてきた。試合開始の1時間前まで私をここで待たせておいて。私にとって四大大会(グランドスラム)で初めてのダブルスでプレーできなくなり、とても悲しくて残念であるとともにすごく腹立たしい」と投稿した。
 「全くもってフェアじゃない。向こうが大会前にダブルスに出たいか聞いてきたからイエスと返した。頼んだのは私ではなく向こうの方。前日に3時間の試合をして疲弊しているようではプロとしては戦えない。それが私の意見」
 タンは7度のウィンブルドン優勝を誇るセレーナを破るのに3時間11分を要し、試合が終わったのは午後10時30分過ぎだった。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集