2022-06-29 23:06TOPICS

日韓豪NZ、インド太平洋で連携=4首脳、意思疎通を継続

北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に写真撮影に臨む(左から)オーストラリアのアルバニージー首相、岸田文雄首相、ストルテンベルグNATO事務総長、ニュージーランドのアーダーン首相、韓国の尹錫悦大統領=29日、スペイン・マドリード(AFP時事)
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に写真撮影に臨む(左から)オーストラリアのアルバニージー首相、岸田文雄首相、ストルテンベルグNATO事務総長、ニュージーランドのアーダーン首相、韓国の尹錫悦大統領=29日、スペイン・マドリード(AFP時事)

 【マドリード時事】スペインのマドリードを訪れている岸田文雄首相は29日昼(日本時間同日夜)、韓国の尹錫悦大統領、オーストラリアのアルバニージー首相、ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相と初の4カ国首脳会談を行い、覇権主義的な動きを強める中国を念頭にインド太平洋地域での連携を進めることで一致した。
 4首脳は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に「アジア太平洋パートナー」として招待された。会談は岸田首相が呼び掛け、約1時間行われた。
 日本政府によると、4首脳はウクライナ侵攻を続けるロシアを非難する立場で一致。「インド太平洋と欧州の安全保障は不可分」との認識に基づき、連携を図りながらそれぞれがNATOとの協力を深めていく方針を確認した。4カ国で引き続き緊密に意思疎通することも申し合わせた。
 岸田首相はロシアの侵攻について「国際秩序の根幹を揺るがす暴挙であり、断じて許されない」と強調。中国を念頭に「力による一方的な現状変更は世界のどこであっても認められない」との考えを改めて示した。 

最新動画

最新ニュース

写真特集