2022-06-30 01:49TOPICS

岸田首相、NATO理事会に定期参加=東アジア安保に危機感―歴代初の出席

北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に臨む岸田文雄首相=29日、マドリード(AFP時事)
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に臨む岸田文雄首相=29日、マドリード(AFP時事)

 【マドリード時事】岸田文雄首相は29日午後(日本時間同日夜)、スペインの首都マドリードで開かれている北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に、日本の首相として初めて出席した。首相は、NATOの最高意思決定機関である北大西洋理事会(NAC)に定期参加したいとの意向を表明。覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、東アジアの安全保障環境への危機感を訴え、認識の共有を促した。
 同日の会合には、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドが「アジア太平洋パートナー国」として招待された。首相は、この4カ国について「理事会会合への定期的な参加を進めていくべきだ」と強調した。
 また、日本とNATOの具体的な協力を定めた2014年の「日・NATO国別パートナーシップ協力計画(IPCP)」を抜本的に改定すると表明。サイバー、新興技術、海洋安保などの分野で、協力を進展させる意向を伝えた。NATO本部への自衛官派遣や、軍事演習への相互オブザーバー参加などに取り組む方針も示した。 

最新動画

最新ニュース

写真特集