2022-06-29 14:47World eye

ロシアで逮捕の米バスケ選手、7月1日に初公判 大麻所持罪

【モスクワAFP=時事】米女子プロバスケットボール(WNBA)のスターで、大麻製品を所持していたとしてロシアで逮捕されたブリトニー・グライナー選手の初公判が、7月1日に開かれることになった。首都モスクワ郊外ヒムキの裁判所が27日、発表した。≪写真はブリトニー・グライナー選手<中央>≫
 五輪で2個の金メダルを獲得し、WNBAでも優勝した実績を持つグライナー選手は2月、ロシアでは違法である大麻オイルの入った吸引器が手荷物から見つかったとして、モスクワの空港で逮捕された。有罪になると最大で禁錮10年を科される可能性がある。
 グライナー選手の弁護人は、勾留期間が裁判期間中まで延長されたと明かし、「完全に想定していた」とコメント。グライナー選手については「不安」になっていたとも述べた。グライナー選手はこの日、手錠をかけられて連行される姿が報道陣に確認された。
 米国務省は先日、ロシア側がグライナー選手を「不当に拘束した」と話し、この件を人質問題担当の大統領特使に預けることを発表。WNBAも、帰国に向けて働き掛けていることを明かしている。
 グライナー選手は、女子バスケットボール史上有数のプレーヤーとして評価され、高い得点能力を武器とする。WNBA選手は、オフの時期にロシアで出稼ぎすることが多く、グライナー選手も同国のクラブチームでプレーしていた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集