2022-06-28 11:14政治

国・自動車メーカーは賠償を=ぜんそく患者150人が裁定申請

 自動車の排ガスによる大気汚染でぜんそくを発症したとして、東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪の6都府県の患者約150人が28日、国と自動車メーカー7社を相手取り、1人当たり100万円の損害賠償を求める「責任裁定」を公害等調整委員会に申請した。申請した患者らは、最終的に医療費助成制度の創設を目指す。
 患者側は、1970年代後半から2000年代のディーゼル車の排ガスにより発症したと主張。「高齢化が進む中、早期に解決する必要がある」と訴えている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集