2022-06-26 19:57政治

舌戦・参院選(26日)【22参院選】

 ◇軍事で暮らしつぶして良いか
 共産党・志位和夫委員長(京都市で街頭演説) (自民党は)軍事費2倍と簡単に言うが、財源はどうするのか。消費税だと2%以上の増税だ。医療費なら窓口負担を倍にしなければならない。軍事で暮らしを押しつぶして良いか。これが今問われている大問題だ。
 ◇自民党をぴりっとさせる
 日本維新の会・松井一郎代表(兵庫県尼崎市で街頭演説) われわれのように地方で行政を動かしてきた政治集団が対峙(たいじ)することで、自民党をぴりっとさせることができる。大阪府と大阪市で10年間行政運営をしてきて、行政の改善、政治改革を実行してきたことは自信がある。
 ◇野党は安保政策ばらばら
 自民党・茂木敏充幹事長(東京・銀座で街頭演説) ウクライナ情勢、決して対岸の問題ではない。野党の安全保障政策はばらばらだ。これでは国を守ることはできない。日本を守り、未来をつくることができるのは自民しかない。
 ◇選挙目当てのばらまき
 立憲民主党・西村智奈美幹事長(仙台市で街頭演説) 岸田(文雄)首相は通常国会が閉会してから慌てていろんな策を出したが、節電ポイントとは何か。節電ポイントに参加したご家庭にお金を配るって、これは選挙目当てのばらまきか。そんなことを許してしまったら、私たちの暮らしは本当に成り立たなくなる。
 ◇アベノミクスは「売国」
 立憲民主党・泉健太代表(東京・JR池袋駅前で街頭演説) 日米の金利差が大きいからどんどん日本からお金が流れていく。そして円は安くなり続けた。円が安くなるというのは、日本の価値が下がるということだ。今の安倍晋三元首相から始まる経済政策は「売国」だ。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集