2022-06-24 17:34World eye

【こぼれ話】ギリシャ公営テレビ、ガソリンの盗み方を紹介 嘲笑の的に

【アテネAFP=時事】ギリシャで燃料価格が高騰する中、公営テレビERTが車からガソリンの盗み方を紹介して嘲笑の的になっている。≪写真はガソリンスタンドで給油する人≫
 ERTの22日朝のニュース番組「Syndeseis」で、アナウンサーのコスタス・スタモウ氏が車からガソリンを抜き取る方法を紹介。「特に難しいことはなく、特別なチューブも必要ない。ベランダ用のホースでも十分だ」と説明した。
 続けて自動車修理工の男性が車の燃料タンクに穴を開けてガソリンを盗む方法を紹介した。
 あるツイッターユーザーは「正気か? ガソリンの盗み方を教えるなんて」と投稿。
 別のユーザーは「ガソリンの簡単な盗み方を二つ紹介したERTが今度は、鍵を開けて財布を盗む方法のハウツーを準備している」とからかった。
 ギリシャの風刺ウェブサイト「Luben」が編集した動画は23日までに17万回以上、ツイッターに投稿された元の動画は3万2500回以上視聴された。
 ギリシャではここ数か月、燃料価格の高騰が続いている。22日時点のレギュラーガソリンの1リットル当たりの小売価格は、首都アテネで2.37ユーロ(約340円)以上、ロードス島などの島しょ部で2.50ユーロ(約350円)以上だった。
 当局は燃料税の引き下げを求める声に応じず、非富裕層の自動車・バイク所有者に30~50ユーロ(約4300~7100円)の補助金を支給することを選んだ。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集