2022-06-23 07:14国際

ロシア軍、ジャーナリスト処刑か=「国境なき記者団」が調査報告

 【パリAFP時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(RSF)」は22日、ウクライナ軍に従軍して取材していたウクライナ人ジャーナリストが、ロシア軍に「処刑された」とする調査報告書を公表した。拷問を受けた疑いもあるという。
 死亡したのはフォトジャーナリストのマクシム・レビン氏。激戦地で取材していたが、3月13日から友人の兵士と共に行方不明となり、4月1日、首都キーウ(キエフ)近郊の森の中で2人の遺体が見つかった。
 RSFは5月下旬からウクライナに調査チームを派遣。報告書は「RSFが収集した証拠は、レビン氏と友人がロシア軍に冷酷に処刑されたことを示している。行方不明となったその日に尋問され、拷問を受けた可能性がある」と指摘した。友人の兵士は生きたまま火を付けられたとも考えられるという。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集