2022-06-11 14:42ニュースワード

帰還困難区域

 帰還困難区域 2011年3月に発生した東京電力福島第1原発事故で、避難指示が出された区域のうち、放射線量が非常に高く、国が原則立ち入りを禁止した区域。年間の積算放射線量が50ミリシーベルトを超える。福島県沿岸部7市町村にまたがり、県土面積の約2.4%(約337平方キロメートル)に当たる。住民登録者は22年5月末で約2万1300人。国は6町村の帰還困難区域内に「特定復興再生拠点区域」を設け、住民帰還に向けた除染作業などを優先的に行っている。JR常磐線の線路や駅周辺は20年3月に避難指示が解除されたが、居住は想定されていなかった。線量がより低い「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の避難指示は、同月までに解除された。

最新動画

最新ニュース

写真特集