2022-06-02 14:25World eye

デップさん、名誉毀損裁判で勝訴 元妻ハードさんに20億円賠償命令

【フェアファックスAFP=時事】米俳優ジョニー・デップさんからドメスティックバイオレンス(DV)を受けたとの主張は名誉棄損(きそん)に当たるとして、デップさんが元妻の女優アンバー・ハードさんを相手取り起こした裁判で、米バージニア州の裁判所の陪審は1日、デップさんの訴えを認める評決を下した。≪写真は評決後、米バージニア州フェアファックス郡の裁判所を去る米女優アンバー・ハードさん≫
 7人からなる陪審は、ハードさんが2018年に米紙ワシントン・ポストへ寄稿した「性暴力」に関する記事について、悪意を持ってデップさんの名誉を毀損する目的があったとし、ハードさんに1500万ドル(約20億円)の損害賠償支払いを命じた。
 ハードさんは記事でデップさんを名指ししなかったものの、自身はDVを「象徴する」人物であると記述。デップさんは、これが自身の虐待行為を示唆するものだとして、5000万ドル(約65億円)の賠償を求めていた。
 ハードさんはこれに対抗し、DV疑惑は「でっちあげ」だとしたデップさんの代理人弁護士の発言は名誉棄損だとし、1億ドル(約130億円)の損害賠償を求め反訴していた。陪審はハードさんの訴えも認め、デップさん側に対し200万ドル(約2億6000万円)の支払いを命じた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集