2022-05-28 07:47国際

死刑廃止の法案可決=中央アフリカ

 【バンギAFP時事】中央アフリカ共和国の議会は27日、死刑制度を廃止する法案を可決した。法成立にはトゥアデラ大統領の承認が必要。人権団体アムネスティ・インターナショナルは、ツイッターで「良いニュース」だと歓迎するとともに、大統領に早期の公布を求めた。
 中央アフリカで最後に死刑が執行されたのは1981年。アフリカでは2020年にチャド、21年にシエラレオネが、それぞれ死刑制度を廃止している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集