2022-05-27 14:55政治

出産一時金、増額検討=現行42万円を拡充―政府

 政府は27日、子ども1人当たり原則42万円を支給する「出産育児一時金」の増額に向けた検討に入った。都市部を中心に出産費用の増加傾向が続き、全国平均でも一時金の額を上回る水準となっている実態を踏まえ、子育て世帯の負担軽減を進める。
 出産には基本的に公的医療保険が適用されず、全額自己負担となるが、健康保険法に基づく保険給付として出産時に原則42万円が支給される。一時金は、出産事故の補償制度の掛け金を除く実質では40万8000円となる。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集