2022-05-26 18:08経済

ロシア中銀、11%に利下げ=通貨安定受け臨時会合

 【ロンドン時事】ロシア中央銀行は26日、金融政策を決める臨時会合を開き、主要政策金利を3%引き下げ、年率11%とすることを決定した。27日から実施する。外国為替市場で通貨ルーブルが安定を取り戻したことで、通貨防衛のためにいったん引き上げた政策金利の正常化を進める。
 ウクライナ侵攻に対する西側諸国の制裁で、ルーブルは2月28日に暴落。このため、中銀は政策金利を9.5%から20%に一気に引き上げた。ただ、その後は段階的に金利を引き下げてきた。
 中銀は声明で、「外為市場でのルーブルの値動きと家計・企業のインフレ期待の低下を背景に、物価上昇圧力が緩和された」と指摘。さらなる利下げの可能性も示唆した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集