2022-05-26 14:04World eye

米NY最後の公衆電話を撤去 「スーパーマン」も使用

【ニューヨークAFP=時事】米ニューヨーク市で23日、公衆電話の最後のブースが撤去された。≪写真は米ニューヨーク・マンハッタン7番街50丁目付近から撤去される最後の公衆電話≫
 最後の1台は、マンハッタン7番街50丁目の角にあった。無料WiFiや携帯電話に通信手段が取って代わった今、一つの時代が終わりを告げた。
 ニューヨークの公衆電話は、コミックからハリウッド映画やテレビ番組まで、ポップカルチャーに広く登場した。
 だが、2000年代初頭からの携帯電話の普及、2010年代以降のスマートフォンの爆発的拡大で、公衆電話はニューヨークの街角から姿を消し始め、さらに2015年、無料WiFiスポット「リンクNYC」が随所に導入されたことがとどめとなった。
 コミックや映画の『スーパーマン』では、主人公の新聞記者クラーク・ケントが変身するときに使ったニューヨークの公衆電話。当局は不使用となったマンハッタン地区4か所のブースを残すとしており、ファンはひとまず安心するだろう。
 現地報道によると、残されるのはアッパーウエストサイド地区ウエストエンドアベニューの66丁目、90丁目、100丁目、101丁目の交差点付近の四つ。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集