2022-05-25 07:00経済

NY円上昇、126円台後半=一時1カ月ぶり高値

 【ニューヨーク時事】24日のニューヨーク外国為替市場では、米長期金利の低下を受けてドル売り・円買いが進み、円相場は1ドル=126円台後半に上昇した。午後5時現在は126円80~90銭と、前日同時刻比1円06銭の円高・ドル安。
 この日発表された米経済指標が低調な内容だったほか、米株価が午前に下落したことも円買いを促し、一時約1カ月ぶりの円高水準となる126円37銭を付けた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集