2022-05-24 19:01政治

山口公明代表、細田氏は丁寧に説明を=立民、議長不信任も視野

 公明党の山口那津男代表は24日の記者会見で、セクハラ疑惑が報じられた細田博之衆院議長に対し「疑惑が投げ掛けられたのであれば、自身が丁寧に説明責任を尽くしていただきたい」と求めた。「議長は議会の要だ。それにふさわしい言動を期待したい」と語った。
 自民党の高木毅国対委員長は「議長が議長として適切に考えて行動なさることだと思っている」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。
 一方、立憲民主党の西村智奈美幹事長は会見で、「事実なら議長としての資質に欠く」と指摘し、細田氏自身の説明を要求。議長不信任決議案提出の可能性についても「きちんと説明しないのであれば、そのような対応も視野に入る」と述べた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集