2022-05-24 08:00地域

古里の景色の中で学習に集中 宮崎県日之影町

 宮崎県日之影町役場内に設置されたユニークな町立図書館の人気が高まっている。大きなガラス張りの壁に並ぶ31席の学習スペースから、古里の山々を望むことができるのが特徴。開放的な雰囲気の中で、勉強や読書に集中しやすく、目が疲れた時の休憩や気分転換にもなるという。
 図書館は、昨春開業した新庁舎内に併設された。1階は書架やキッズスペース、2階は学習スペースなどで、計423平方メートル。町にとって初の本格的図書館を目指している。現時点での蔵書は1万3000冊だが、将来的には幅広い年代向けに2万冊をそろえる方針。司書資格を持つ職員を含め4人体制で、午前9時から午後7時まで開館している。
 佐藤貢町長は「何としても造りたかった図書館。赤ちゃんからお年寄りまでが集える場所にしていきたい」と強調。コロナ禍が落ち着けば、親子連れが気軽に利用したり、幅広い年代向けの文化イベントを実施したりして、にぎわいをつくり出していく考えだ。【もぎたて便】

最新動画

最新ニュース

写真特集