2022-05-23 13:25社会

誤送金、3500万円返還=決済代行業者から―山口・阿武町

 山口県阿武町が誤送金した新型コロナウイルス対策関連の給付金4630万円の一部を使ったとして、住民の田口翔容疑者(24)が逮捕された事件で、同容疑者の出金先の決済代行業者から約3500万円が町に返還されていたことが23日、関係者への取材で分かった。
 田口容疑者は、誤送金された金のほとんどを決済代行業者3社に出金。関係者によると、返還したのはそのうち約8割の出金が集中していた業者とみられる。
 県警は18日、誤送金と知りながら一部を使ったとして、田口容疑者を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕。同容疑者は「オンラインカジノで使った」と供述している。
 同町の担当者は返還について「コメントは控える」としている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集