2022-05-23 13:02政治

米大統領「日本防衛の決意揺るがず」=同盟の抑止力強化確認―新経済圏、岸田首相参加表明へ・首脳会談

 岸田文雄首相は23日午前、バイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。首相はバイデン氏の来日について「いかなる状況にあっても米国がインド太平洋地域に関与することを示すもので歓迎する」と述べた。バイデン氏は「日米は世界にとって重要な同盟関係だ。日本防衛の決意は揺らぐことはない」と応じた。
 会談はまず少人数で行い、その後ワーキングランチへ移った。
 首相はロシアによるウクライナ侵攻に関し「国際秩序の根幹を揺るがすもので、力による一方的な現状変更の試みは世界のどこであっても絶対に認められない」と強調。「日米両国で法の支配に基づく自由で開かれたインド太平洋実現に向けて、国際社会をリードしていきたい」と述べた。
 バイデン氏はロシアの軍事侵攻に対し「日本は先進7カ国(G7)のパートナー国と一緒に、(ロシアの)プーチン大統領に説明責任を負わせる立場にある」と語った。米国主導の新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に触れ、「地域に利益を提供すべく立ち上げられる。協力をさらに高めたい」と強調した。
 両首脳はこれまで、国際会議の合間やテレビ会議で3回顔を合わせているが、対面での本格的な会談は初めて。
 両首脳は安全保障、経済両面で影響力を強める中国を念頭に、日米同盟の抑止力、対処力の強化を確認。「核の傘」を含む米国の「拡大抑止」の有効性で一致する。首相は防衛力を抜本的に強化する方針を示すとみられる。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集