2022-05-20 16:49World eye

フィンランドの醸造所、NATO加盟申請記念ビール発売

【AFP=時事】フィンランドの小規模醸造所「オラフブルーイング」はこのほど、同国の北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を記念するビールを発売した。≪写真は記念ビール「OTAN」の製造風景≫
 「OTAN」という名前は、フランス語のNATOの頭文字。言葉遊びにもなっていて、フィンランド語で「OTAN beer」は「ビールを飲む」を意味する。
 オラフは、ロシアとの国境から50キロの場所に位置する東部サボンリンナにある。
 オーナーのペッテリ・バンティネンさん(42)は、辺りを指さしながら、第2次世界大戦中に爆撃があったと話す。今回製造したラガービールのOTANは「自由の香りがする安全保障」の味がすると説明した。
 フィンランドがまだロシア帝国の一部だった1909年に建てられた赤レンガの建物には、ひっきりなしに客が訪れていた。
 ソーシャルメディアで話題となり、米国や日本、ドイツなど世界中から問い合わせが殺到しているという。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集