2022-05-19 20:58社会

兵庫県防災アプリに関与=不正送金事件の北朝鮮技術者

 中国在住の北朝鮮のIT技術者が知人名義でスマートフォンアプリの開発を請け負い、不正送金を受けたとされる事件で、兵庫県は19日、県の防災アプリのプログラム修正業務にこの技術者が関与していたと発表した。県は「不正なプログラムなどは仕掛けられていなかった」として、アプリの運用を継続。個人情報流出も確認されていないという。
 県災害対策課によると、アプリは緊急気象情報や避難情報などを県民に発信する「ひょうご防災ネット」。県から運用を委託された地元メディアが、大阪市のシステム会社に修正業務を再委託し、さらに別の会社などを経由して一部がIT技術者に発注されていた。
 IT技術者が請け負ったのはアプリ使用時の省電力化を図るプログラムで、2019年10、11月にそれぞれ報酬が支払われたとみられる。ひょうご防災ネットは19年5月に運用が開始され、これまでに約26万件ダウンロードされている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集