2022-05-18 08:23国際

中国機、故意に墜落か=「何者かが操作」の可能性―米紙

 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は17日、中国南部・広西チワン族自治区で3月に発生した中国東方航空機の墜落事故について、何者かが故意に操作した可能性があると報じた。米当局による事故原因の予備評価に詳しい関係者の話として伝えた。
 回収されたフライトレコーダーを解析した結果、「航空機は操縦室で何者かに指示された通りに動いた」ことで、高高度からほぼ垂直に猛スピードで山に激突したとみられている。事故では乗客乗員132人全員が死亡した。
 事故機はボーイング737―800型で、関係者によれば、調査を主導する中国当局はこれまで機体に問題があったとは指摘していない。このため、調べに協力する米当局側はパイロットの行動に注目。また、他の搭乗者が操縦室に侵入し、意図的に墜落させた可能性も考えられるという。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集