2022-05-16 11:39国際

スウェーデンも加盟申請へ=中立転換、NATOに

 【ロンドン時事】スウェーデンの与党・社会民主労働党は15日、同国の北大西洋条約機構(NATO)加盟を支持する方針を発表した。左派の同党は加盟反対の立場だったが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて支持へ転換。隣国フィンランド政府も加盟方針を決めており、北欧の中立2カ国が「ロシアの脅威」に対処するためそろって西側軍事同盟に加わる方向となった。
 スウェーデンは軍事中立を伝統とし、米主導で欧州の集団防衛を担うNATOと距離を置いてきた。しかし、ウクライナ侵攻で国民の加盟支持が増大。与党内では意見が割れたが、フィンランドが15日に先行して加盟申請を発表し、これに追随する形で党執行部会が申請支持を決めた。ただ、同党は声明で「核兵器と恒久基地の領内設置については留保する」とも付け加えた。
 社民労働党を率いるアンデション首相は15日の記者会見で「国の安全のためには加盟申請が最善だ」と主張。「バルト海沿岸で唯一の非加盟国となれば非常に弱い立場に追い込まれる」として、フィンランドと共に加盟を求めることが重要だと述べた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集