2022-05-15 20:43国際

人民元比率、12%超に上昇=中国経済の成長反映―IMF準備資産

 【北京時事】国際通貨基金(IMF)は14日、「特別引き出し権(SDR)」と呼ぶ準備資産の通貨別構成比率を見直すと発表した。円やユーロの比率が低下する一方、人民元の比率は10.92%から12.28%に上がる。中国経済の成長が反映された形だ。
 SDRは外貨不足に陥った加盟国が主要通貨を入手できる仕組みで、ドルと英ポンドを加えた五つの通貨で構成されている。
 円の構成比率は8.33%から7.59%、ユーロは30.93%から29.31%にそれぞれ低下。ドルの比率は41.73%から43.38%に上昇する。IMFによると、2017~21年の貿易での利用実績などを踏まえて比率を決めたという。新たな比率は8月1日から適用する。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集