2022-05-15 11:01政治

サハリン1、2の権益維持=木原副長官

 木原誠二官房副長官は15日のNHK番組で、日本が権益を保有するロシア極東の資源プロジェクト「サハリン1」「サハリン2」について「長期的に安価な安定供給を担ってきた。手放すことは国益にとってむしろマイナスだ」と述べ、撤退しない方針を強調した。
 木原氏は「実際に権益を手放した時、ロシアが得れば高いお金で輸出されてしまう。(対ロ)制裁に参加していない第三国に渡ればそれらの国を利することになる」とも指摘した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集