2022-05-14 16:35スポーツ

小田倉9位、高橋は20位=パラにウクライナ選手出場―トライアスロン横浜大会

 トライアスロンの世界シリーズ第1戦、横浜大会は14日、神奈川・山下公園周辺特設会場でエリート男女(51.5キロ=スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)が行われ、男子は東京五輪代表の小田倉真(三井住友海上)が1時間45分2秒で日本勢最高の9位に入った。女子は東京五輪代表の高橋侑子(相互物産)が20位だった。
 パラ部門では、男子の運動機能障害PTS4で東京パラリンピック銀メダルの宇田秀生(NTT東日本・NTT西日本)が3位に入った。ロシアによる軍事侵攻を受けているウクライナからも男女1人ずつが出場した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集