2022-05-14 05:34TOPICS

製鉄所中心部の突入計画か=黒海でも交戦―ウクライナ

ウクライナ南東部マリウポリのアゾフスタル製鉄所に残る負傷したウクライナ兵=「アゾフ大隊」が10日公開(AFP時事)
ウクライナ南東部マリウポリのアゾフスタル製鉄所に残る負傷したウクライナ兵=「アゾフ大隊」が10日公開(AFP時事)

 【イスタンブール時事】ウクライナ南東部マリウポリのアンドリュシェンコ市長顧問は13日、ウクライナ部隊が抵抗拠点とする市内のアゾフスタル製鉄所の中心部に対し、ロシア軍の地上部隊が「突入を計画している」と述べた。
 製鉄所をめぐっては、ウクライナの負傷兵の退避をめぐる交渉が続く中、ロシア軍が連日激しい砲撃を加えており、アンドリュシェンコ氏は「事態は日に日に複雑になっている」と危機感を示した。
 一方、ウクライナ国防省のブダノフ情報総局長は13日、南部オデッサ州沖合の黒海上にあるズミイヌイ(スネーク)島の奪還に向け「必要である限り戦う」と表明した。ズミイヌイ島は一帯の制海権、制空権を掌握する上で不可欠な要衝で、衝突が繰り返されている。
 ウクライナのメディアによると、同国軍は12日、島の付近でロシア軍の支援船に打撃を与えたと主張した。
 また、ウクライナ軍の発表によれば、ロシア軍は12日から13日にかけ、東部のドネツク、ルガンスク両州にある32の集落を攻撃し、5人が死亡、12人が負傷した。家屋など多くの建物が破壊されたという。 

ウクライナ南部オデッサ州沖合の黒海上にあるズミイヌイ(スネーク)島の衛星画像=12日(米民間企業マクサー・テクノロジーズ提供)(AFP時事)
ウクライナ南部オデッサ州沖合の黒海上にあるズミイヌイ(スネーク)島の衛星画像=12日(米民間企業マクサー・テクノロジーズ提供)(AFP時事)

最新動画

最新ニュース

写真特集