2022-05-12 22:42社会

母との血縁関係、「矛盾なし」=女児不明、山中の頭骨―鑑定結果判明、捜索継続・山梨県警

 山梨県警は12日、同県道志村の山中で見つかった頭骨の一部について、2019年9月に近くのキャンプ場で行方不明となった当時小学1年の小倉美咲さん(9)=千葉県成田市=の母親とも子さん(39)と血縁関係があると考えて矛盾がないとの鑑定結果を発表した。
 ただ、山梨県警は「個人を特定できるわけではない」と指摘。これまでに周辺で発見された人の肩甲骨のDNA型鑑定や、他の部位の骨、遺留品の捜索などを続け、身元の特定を急ぐ。
 とも子さんは同日夜、鑑定結果を受けて自身のホームページに「言葉にならない思いです」などと書き込んだ。「新しい報道がある度、悲しみが増し苦しい」と心情を吐露する一方で、「現段階で美咲個人と断定されたわけではない」とも強調。「無事に戻ってくると信じている気持ちに変わりはありません」とつづった。
 県警は、母系の血縁関係を調べるミトコンドリアDNA型鑑定と呼ばれる方法を実施。10日に「血縁関係に矛盾がない」との鑑定結果が出たため、美咲さんの両親に報告したという。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集