2022-04-16 15:23社会

リニア工事で指挟み男性重傷=同じ工区でまた事故―長野

 15日午後0時20分ごろ、長野県豊丘村神稲のリニア中央新幹線「伊那山地トンネル」の工事現場で、男性作業員(40)が指を骨折する労災事故があった。現場の「坂島工区」では過去に2度、労災事故が発生。JR東海は事故を受け、掘削作業を中断した。
 JR東海や県警によると、トンネル内で重機に取り付けたフックに、長さ約3メートル、幅約1.5メートル、重さ約800キロの鉄板を掛ける作業中、鉄板とフックの間に男性の指が挟まれたという。男性は人さし指と中指を骨折するなどし重傷。
 同工区では、昨年11月と今年3月に労災事故が発生していた。JR東海は「繰り返し事故が発生していることを重く受け止めている」とし、原因調査や再発防止に努めるとのコメントを出した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集