2022-04-05 09:52World eye

軍事用の特注ドローン製作する愛好家たち ウクライナ

【AFP=時事】ウクライナのリビウのある建物の一室で、ドローン愛好家たちが前線に送るために攻撃用ドローンを組み立てている。人目を引かないよう、窓には目隠しがされている。≪写真はウクライナ・リビウで、組み立てたドローンを手にする人≫
 いろいろな物が散乱する作業台の上には、プラスチックのプロペラの束や小さいねじの袋の間にドローンのX字型フレームが置かれている。
 このドローンはじきに、ワイン瓶ほどの大きさがある対戦車手りゅう弾を載せて飛び立ち、ロシア軍の装甲車の上に投下することになる。
 もう二つのドローンにはすでにプロペラが四つ取り付けられている。小型爆弾を取り付けられるようになっており、ウクライナの北部や東部にいるロシア歩兵の上に爆弾を投下することができる。
 ステルス爆撃機の形をし、猛禽(もうきん)類ほどの大きさのドローンは偵察用で、砲兵隊が標的を見つけたり、自軍への攻撃に備えたりするために使われる。
 「ネベスナ・カラ(天罰)」と名乗るこのグループは、ロシアの侵攻開始以来、ウクライナ軍のために約40機の特注ドローンを製作した。
 侵攻以前、「ネベスナ・カラ」のメンバー6人はドローン・レースを通して知り合った友人同士だった。
 その一人、アレックスさんは「不幸なことに何もかもが変わってしまった」と話した。アレックスさんは安全上の理由で姓を明かさなかった。
 ウクライナ侵攻をめぐっては、ドローンで武装した機動力のあるチームが空爆の目標を決めたり、車列を散り散りにさせたりして、ロシア軍の攻撃をかわすのに主要な役割を果たしたと報じられている。

■「アイフォーンの方が高価」
 「ネベスナ・カラ」には主要メンバーの他に10人の「助言者」がおり、さらにオンラインチャットを通してドローン愛好家877人の知識を借用している。
 「ネベスナ・カラ」のドローンは、市販のドローンキットや3Dプリンターで作ったパーツ、中国企業のネットショップで買った部品で作られている。
 アレックスさんによると、ドローン製作はほぼ寄付で賄われている。激しい戦闘が続く地域で活動する軍のスペシャリストが必要な機能について要望を寄せ、「ネベスナ・カラ」が寄付金を使って特殊な仕様に合わせて作られている。
 費用対効果は非常に高い。
 メンバーの一人、ドミトリーさんは、ドローンから撮影された動画を携帯電話で見せてくれた。ロシア軍の塹壕(ざんごう)沿いを飛び、土をかけて隠された武器の場所を特定できるという。
 自分たちが作るドローンより、「iPhone(アイフォーン)の方が高価だ」と話した。
 製作室の横には出荷を待つドローンや交換用の部品が入った小包が積まれていた。
 うち一つは、南部ミコライウに送られる。同市では3月29日に州庁舎がミサイル攻撃を受け、28人が亡くなっている。
 小包には赤と青のフェルトペンで「ネベスナ・カラから愛を込めて」と書かれていた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集