2022-01-28 12:06TOPICS

銃所持の男、民家立てこもり=11時間後突入、逮捕―人質の医師死亡、1人重傷・埼玉県警

男が立てこもった民家に警察官が突入し、騒然とする現場付近=28日午前8時、埼玉県ふじみ野市
男が立てこもった民家に警察官が突入し、騒然とする現場付近=28日午前8時、埼玉県ふじみ野市

 27日午後9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、住人とみられる男が銃を発砲し、訪問した医師鈴木純一さん(44)を人質に立てこもった。県警は約11時間後、民家に突入し、殺人未遂容疑で男を逮捕した。鈴木さんは救出されたが、銃で撃たれたとみられ死亡が確認された。
 県警によると、男は無職渡辺宏容疑者(66)。猟銃を持っていたとみられ、詳しい経緯や動機などを調べている。鈴木さんらは弔問に訪れていたという。
 県警などによると、27日午後9時15分ごろ、「バンバンという音がした」と近隣住民から110番があった。消防によると、男性理学療法士(41)が玄関先で倒れており、腹と胸を撃たれ重傷だが意識はあるという。
 その後、県警東入間署に別の男性(32)が「顔に催涙スプレーのようなものを掛けられた」と駆け込み、搬送された。この男性と鈴木さん、理学療法士ら数人が弔問のため民家を訪れたところ、渡辺容疑者とトラブルになったという。
 県警の捜査員が民家の固定電話を通じて渡辺容疑者の説得に当たった。同容疑者は会話には応じ、鈴木さんについて「大丈夫だ。救出してもらいたい」と話したが、鈴木さんと電話をかわることには応じなかった。要求はなく、立てこもりの目的は不明という。
 28日午前8時ごろ、捜査員が突入。渡辺容疑者の身柄を確保し、逮捕した。
 現場は東武東上線ふじみ野駅から南西に約2キロ離れた住宅街で、付近には小学校などがある。事件発生を受け、現場から半径300メートル以内の住民約50世帯110人が近くの中学校に避難した。この中学校など市内の小中計3校は休校を決めた。 

民家に立てこもった男の身柄を確保した警察官ら=28日午前8時2分、埼玉県ふじみ野市
民家に立てこもった男の身柄を確保した警察官ら=28日午前8時2分、埼玉県ふじみ野市
男が立てこもった民家付近を調べる埼玉県警の捜査員ら=28日午前、埼玉県ふじみ野市
男が立てこもった民家付近を調べる埼玉県警の捜査員ら=28日午前、埼玉県ふじみ野市

最新動画

最新ニュース

写真特集