2022-01-26 05:15ニュースワード

接種の努力義務

 「対象者は接種を受けるよう努めなければならない」とする予防接種法の規定。対象者が16歳未満の場合は、保護者に努力義務が生じる。感染症のまん延を防ぐことが目的。強制ではなく、従わなくとも罰則などはない。新型コロナウイルスなどの臨時接種のほか、結核や4種混合などA類疾病の定期接種で原則適用され、接種主体の市町村が接種を勧奨する。

最新動画

最新ニュース

写真特集