2022-01-21 18:44社会

逆転有罪の医師、無罪訴え=準強制わいせつで弁論―最高裁

 東京都足立区の病院で2016年、手術直後の女性患者の胸をなめたなどとして、準強制わいせつ罪に問われ、二審で逆転有罪となった男性医師(46)の弁論が21日、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)であり、弁護側は無罪を主張、検察側は上告棄却を求め結審した。
 二審の結論変更に必要な弁論が開かれたことで、懲役2年とした東京高裁の判断が見直される可能性がある。判決期日は後日指定される。
 弁論で弁護側は、女性は手術で麻酔薬を投与され、一時的な意識障害のせん妄状態だったとして無罪を主張。女性の胸から医師のDNA型が多量に検出されたとする警視庁の鑑定結果も「裏付けるデータは警察が廃棄しており、事後的に検証もできない」として証拠から排除すべきだと訴えた。
 検察側は「女性の被害証言は具体的で、せん妄の症状はなかった」と反論。鑑定にも問題はなく、被害証言と符合しているとした。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集