2022-01-21 08:59TOPICS

北朝鮮ミサイル、8カ国が非難声明=中ロは制裁強化賛同せず

20日、ニューヨークの国連本部で、北朝鮮による相次ぐミサイル発射を非難する共同声明を発表するトーマスグリーンフィールド米国連大使(左から5人目)ら。左端は石兼公博国連大使
20日、ニューヨークの国連本部で、北朝鮮による相次ぐミサイル発射を非難する共同声明を発表するトーマスグリーンフィールド米国連大使(左から5人目)ら。左端は石兼公博国連大使

 【ニューヨーク時事】北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、国連安保理は20日、非公開の会合を開いた。会合に先立ち日本と米英など8カ国は共同声明を発表し「北朝鮮による不法行為は、世界の平和と安全保障にとって脅威だ」と非難した。
 安保理は10日にも緊急会合を開き、日米欧6カ国が非難声明を出している。今回は新たにブラジルとアラブ首長国連邦(UAE)が加わった。しかし、安保理全体としての声明は前回に続き、出されなかった。
 一方、米国が提案していた対北朝鮮国連制裁の強化について、中国とロシアが賛同しなかったことが20日、分かった。両国はかねて制裁緩和を主張している。 

最新動画

最新ニュース

写真特集