2022-01-20 19:05社会/写真

小学生過半数が接種希望=保護者は7割超―コロナワクチン

新型コロナワクチン接種への考え
新型コロナワクチン接種への考え

 国立成育医療研究センターの調査では、新型コロナウイルスワクチン接種について、小学生の過半数が「すぐに受けたい」と答えている。家族や友人への感染拡大防止などが理由で、保護者も7割超が子どもへの迅速な接種を求めた。
 同センターは昨年9月、デルタ株による第5波流行を受けて調査を実施。小学1年~高校3年の1271人と保護者5807人から回答を得た。
 承認が了承された米ファイザー製ワクチンの対象年齢(5~11歳)の大半が該当する小学生では、55%が「接種をすぐに受けたい」と回答した。1~3年生は50%、4~6年生は60%だった。
 理由としては「家族や友達にうつしたくない」などが目立った。一方、接種を望まない理由には注射の痛みなどが挙げられた。
 保護者では、1~3年生の71%、4~6年生の76%が「すぐに受けさせたい」と答えた。祖父母に会わせたいなどの理由が挙げられる一方、副反応への懸念から接種に慎重な意見もあった。 

最新動画

最新ニュース

写真特集