2022-01-20 20:33政治

対中決議、来月1日採択目指す=自民幹部

 自民党幹部は20日、中国政府による新疆ウイグル自治区や香港などでの人権侵害を非難する決議について、2月1日の衆院本会議で採択を目指す考えを明らかにした。北京冬季五輪が開幕する同4日より前に、国会の意思を示す必要があると判断した。
 対中非難決議をめぐっては、同党の高市早苗政調会長ら保守系議員が採択を強く主張。公明党とは既に調整済みという。野党側も前向きな姿勢を示しており、文言や日程を今後詰める。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集