2022-01-19 07:33経済

NY株、543ドル安=長期金利上昇で3日続落

 【ニューヨーク時事】連休明け18日のニューヨーク株式相場は、米長期金利の上昇を受けて相対的に割高感が増したハイテク株が売られ、3営業日続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比543.34ドル安の3万5368.47ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は386.85ポイント安の1万4506.90で引けた。
 この日の債券市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和で膨らんだ資産の圧縮を早期に始めるとの観測などを背景に、金利が上昇。長期金利の指標である10年物米国債利回りは一時、2年ぶりの高水準となる1.88%まで上昇した。
 これを受けて、アップル、インテルなどのハイテク株が軒並み売られた。ゲームソフト大手アクティビジョン・ブリザードの巨額買収を発表したマイクロソフトは2.4%安となった。
 朝方に減益決算を発表した金融大手ゴールドマン・サックスは7.0%安。他の金融株にも売りが波及した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集