2022-01-11 16:00ニュースワード

東証新市場の上場基準

 東証新市場の上場基準 4月に発足する東証3市場への上場に必要な基準。最上位のプライム市場は、市場で売買される流通株式の時価総額が100億円以上、発行株式に占める比率が35%以上など従来の東証1部より厳格化された。新規上場時と上場維持の基準も統一。基準未達が続けば上場廃止となり、改めて上場申請する必要がある。コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)に基づき、独立社外取締役の3分の1以上の選任や気候変動関連リスクの開示なども求められる。中堅企業向けスタンダード市場は流通株時価総額が10億円以上、比率は25%以上、新興向けグロース市場は5億円以上、25%以上などが条件となる。

最新動画

最新ニュース

写真特集