2021-12-10 21:53エンタメ

AKB48横山由依が卒業公演、グループ総監督を「つなげてよかった」

AKB48グループの2代目総監督を務めた横山由依の卒業公演が行われた。ステージで横山は、メンバーと共に「友達でいられるなら」「純愛のクレッシェンド」などを披露。卒業ソング「君がいなくなる12月」をソロで熱唱した。この日は、初代総監督でOGの高橋みなみも駆け付けた。「由依ちゃんだから総監督を任せることができた」と高橋に言われた横山は、「(総監督を)やると言ったからには、やり切りたいと思った。みーおん(向井地美音)につなげて、よかったです」。この後、メンバーらと「桜の花びらたち」を歌い、12年余りのアイドル生活を終えた。

最新動画

最新ニュース

写真特集