2021-12-09 12:06社会

「着いちゃったよ」=前沢さん、ISS到着―日本の民間人初、宇宙旅行

 衣料通販サイト運営会社「ZOZO(ゾゾ)」創業者の前沢友作さん(46)が9日午前1時10分(日本時間)ごろ、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。前沢さんは、笑顔で両手を振りながらISSの中に入り、滞在中の宇宙飛行士と握手。地上との交信で「着いたよ、宇宙だよ。着いちゃったよ」と喜びの声を上げた。
 日本の民間人がISSに滞在するのは初めて。約12日間滞在し、20日にカザフスタンの草原地帯に帰還する。
 8日午後4時38分にカザフスタン・バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたロシア宇宙船ソユーズは3人乗りのカプセル型。前沢さんのほか、関連会社役員平野陽三さん(36)と船長のロシア人宇宙飛行士が搭乗し、同日午後10時40分ごろISSにドッキングした。滞在中、一般から募集した実験を行うほか、動画投稿サイト「ユーチューブ」などを通じて情報発信する。
 前沢さんらは、ソユーズによる宇宙旅行を提供する米企業と契約。今年6月から、モスクワ郊外の施設などで訓練を受けてきた。
 日本人の宇宙飛行は、1990年12月にソユーズに搭乗したTBS記者(当時)の秋山豊寛さんが初めてで、前沢さんらは13、14人目。秋山さんは事前に宇宙飛行士の資格を得ており、前沢さんらは資格のない日本初の「宇宙旅行者」となる。
 前沢さんは米スペースX社が2023年の実施を目指す月周回旅行の最初の乗客にも内定。この旅行では、同行者8人を募集して話題を呼んだ。

 ◇日本人の宇宙飛行
        初飛行   主な実績など
秋山豊寛 1990年12月 日本人初飛行。旧ソ連の宇宙ステーションに滞在
毛利衛    92年 9月 初の米スペースシャトル搭乗
向井千秋   94年 7月 女性初の宇宙飛行
若田光一   96年 1月 初の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在、船長就任
土井隆雄   97年11月 初の船外活動、日本実験棟「きぼう」船内保管室設置
野口聡一 2005年 7月 事故後のシャトル再開1号、米民間宇宙船運用初号機搭乗
星出彰彦   08年 6月 「きぼう」船内実験室設置、ISS船長
山崎直子   10年 4月 日本人最後のシャトル搭乗
古川聡    11年 6月 2人目の医師出身。ISS長期滞在
油井亀美也  15年 7月 航空自衛隊テストパイロット出身、ISS長期滞在
大西卓哉   16年 7月 全日空パイロット出身、ISS長期滞在
金井宣茂   17年12月 海上自衛隊医官出身、ISS長期滞在
前沢友作   21年12月 初の民間宇宙旅行者
平野陽三   21年12月 同上
(敬称略、「初」などはいずれも日本人として)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集