2021-12-08 12:40World eye

【こぼれ話】パキスタンに「ホグワーツ魔法学校」出現 大学でイベント

【ラホールAFP=時事】パキスタンの大学で5日まで、英作家J・K・ローリング氏の「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにしたイベントが開かれた。期間中、キャンパスは「ホグワーツ魔法魔術学校」に姿を変えた。≪写真はパキスタン・ラホールのガバメントカレッジ大学で行われた「ハリー・ポッター」シリーズをテーマにしたイベントの様子≫
 パキスタン東部ラホールにある約150年の歴史を持つガバメントカレッジ大学には広々したホールとアーチ型の高い天井付きの回廊があり、以前から、学生たちの間ではホグワーツに似ているという声が上がっていた。
 イベントに参加した学生の一人は、「ラホールにいながらホグワーツにいるなんて、信じられません」と興奮気味に語った。
 つえを手にし、三角帽子をかぶった学生たちは、ホグワーツ風の大広間で来場者を迎えた。会場には、ほうきやコウモリなどの装飾が施され、魔法薬を調合するコーナーも設けられた。
 映画「ハリー・ポッター」シリーズのテーマ曲が流れる中、学生たちはホグワーツの生徒のコスプレ姿で呪文を唱え、「組み分け帽子」をかぶって写真を撮って楽しんだ。
 また、学生たちが制作・出演した「ハリー・ポッター」の2次創作映画も上映された。パキスタンのハリー・ポッターファンによる初の試みとみられている。
 自身も「ハリー・ポッターの大ファン」だというアスガー・ザイディー副学長はAFPに、「ここにいる学生たちの多くは、J・K・ローリング氏の小説が世に出て映画化された頃に生まれ育っていますからね」と語った。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集