2021-12-07 12:56政治

林外相、国際秩序維持へ連携=真珠湾攻撃から80年

 林芳正外相は7日の記者会見で、太平洋戦争の戦端を開いた真珠湾攻撃から8日で80年を迎えることに関し、「当時の日本は国際秩序への挑戦者となった」と振り返った上で、「自由で開かれた秩序の維持、強化に向けて同志国との連携を一層強化していきたい」と述べた。
 現在の日米関係については「安全保障環境が一層厳しさを増す中、日米同盟の対処力、抑止力強化がますます重要だ」と指摘。一方、覇権主義的な動きを強める中国を念頭に「国際社会の平和と繁栄を支えてきた普遍的価値や国際秩序に対する挑戦に直面している」と語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集