2021-12-06 23:55スポーツ

国際連盟、中国の大会中止せず=彭帥さん問題で―テニス

 【ロンドン時事】中国の女子テニス選手、彭帥さん(35)の消息問題をめぐり、国際テニス連盟(ITF)は5日、「(中国の)10億人を罰したくない」として中国での大会を引き続き開催する考えを示した。英BBC放送(電子版)が報じた。ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)は中国と香港で開催される全大会の開催中止を表明していた。
 彭さんは共産党最高指導部の元メンバーとの不倫や性的関係を強要されたことを告発後に消息不明に。ITFのハガティ会長は「告発は調査の必要があり、われわれはこの問題を解決に導くために、舞台裏で直接働き掛けを続ける」と述べる一方で、「ITFは世界中のテニスの統括団体であり、草の根の発展は責任の一つである」と説明した。
 男子プロテニス協会(ATP)もWTAと同様の措置は取らない意向を示している。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集