2021-12-03 23:55国際

11月の米就業者数、21万人増=失業率は4.2%に改善―労働省

 【ワシントン時事】米労働省が3日公表した11月の雇用統計によると、景気動向を反映する非農業部門就業者数(季節調整済み)は前月比21万人増となった。伸びは前月(54万6000人)から大きく鈍化し、市場予想の55万人(ロイター通信調べ)も下回った。
 失業率は4.2%(前月は4.6%)に改善し、新型コロナウイルス感染拡大が本格化する前の2020年2月以来の低水準となった。労働省によると、コロナ感染拡大の影響で120万人が職探しをできない状況にある。一方、企業の求人は堅調で、失業率の大幅な低下につながったとみられる。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集