2021-12-03 23:58国際

社債の償還延長、同意得られず=デフォルトの恐れ―中国佳兆業

 【北京時事】中国の中堅不動産開発会社、佳兆業集団控股は3日、満期を7日に迎えるドル建て社債について、資金繰り悪化を理由に1年半の償還延長を提案したが、債権者の同意を得られなかったと発表した。同社は代案を模索するが、デフォルト(債務不履行)に陥る恐れが高まった。
 中国では政府による不動産業界の締め付け強化に伴い、多くの企業が経営難に直面している。
 佳兆業は11月25日、問題の社債の元本4億ドル(約450億円)の支払いが困難になったとして、2023年6月を満期とする社債との交換を提案。しかし、債権者の賛同は、借り換えの実行に必要な全体の95%に届かなかった。
 佳兆業は、12月7日までに債権者との間で何らかの合意が成立しなければ、「財務に重大な悪影響を及ぼす」と警告した。同社は15年に中国の不動産開発会社で初めて、ドル建て社債の利払いをめぐってデフォルトに陥った経緯がある。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集